黒澤リカ

×

『太陽にほえろ!』

脚本家・蔵元三四郎

×

豪華声優陣

×

『初めての再会』の監督が贈る

姉妹の友情溢れるサクセスストーリーの誕生 

ペンを持つことをやめた小説家・穂乃花。3年振りに現れた妹・夏希の持ち帰ったトラブルを解決するために再びペンを手にし、小説を書き終えることが出来るのか―

主人公・穂乃花に扮するのは『新宿スワンⅡ』をはじめ多岐にわたり活躍する女優・黒澤リカ。デビュー作で審査員特別賞を受賞し小説家としての仲間入りを果たしたが、一方で舞台女優を目指す妹・夏希とは疎遠気味。そんな難しい役柄を演じ、穂乃花を愛すべきキャラクターに仕上げた。女優としてのセカンドステージの、間違いなく代表作の一つとなるだろう。

 舞台女優を目指す夏希には、数々の舞台で演技の幅を広げつつある山田梨佳をはじめ個性的な俳優陣が顔を揃えている。

 

 映画監督として『初めての再会』から2作目となる竹内和広の企画に惚れ込み、脚本完成まで導いたのは『太陽にほえろ!』で華々しいデビューを飾った脚本家・蔵元三四郎。本作では共同執筆者として、共に夢を目指す姉妹の友情と苦労や奮闘を数々の良質なドラマを展開させ、ユーモアを込めて描き上げる。最後に夢に向かい再び歩き出そうとする姉妹の思いが重なるとき、スクリーンに飛び込んで共に歩みたくなる、夢に向かい走り続けている全ての人々を動かしてくれる、友情物語。